医療脱毛と脱毛サロン|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛と脱毛サロンの違い

医療脱毛と脱毛サロン

脱毛を受けるときは脱毛サロンと医療脱毛の2種類から選ぶことになります。

 

脱毛サロンというと、TBCや脱毛ラボなど、
気軽に通えるエステサロン、という感覚の方が多いでしょう。

 

逆に医療脱毛と聞くと、仰々しい、病気の人が通うのでは、
敷居が高そうという印象を受ける人も少なくありません。

 

では医療脱毛と脱毛サロンはどのような違いがあるのでしょうか。

 

横浜市内にもたくさんの医療脱毛機関や脱毛サロンがあります。

 

脱毛サロンで受けられるのは光脱毛といい、
光の周波によって、毛根やその周辺組織にダメージを与え、
ムダ毛が生えないようにする方法です。

 

一方医療機関で受けられる脱毛方法は、
医療レーザー脱毛を使って、毛根や毛などの黒い部分にダメージを与え、
ムダ毛が生えないようにする方法です。

 

結果的に得られる効果は同じだと思う人も多いでしょうが、
実は医療脱毛のほうが脱毛サロンよりも脱毛効果は大きいです。

 

これはどういうことかというと、
脱毛に必要な毛が生えてくる細胞を壊す行為というのは、
医療行為に該当しますので、医師免許を持つ人だけができる行為だからです。

 

脱毛サロンで行うのはダメージを与えることですから、
根本的なムダ毛の解決には至らないのです。

 

つまり、永久性を脱毛に求めるのであれば、
脱毛サロンよりも医療脱毛のほうが効果は高いということです。

 

また医療機器で出力できる周波の大きさも、医療機関のほうが大きいため、
確実に毛根や周辺組織、細胞を壊していくことができます。

 

脱毛サロンでしっかり効果の出る6回という回数をこなしても、
時間が経てば元に戻ってしまうのです。

 

医療脱毛の場合は、何度か脱毛を受けなければ
効果は完全に得られませんが、半永久的にムダ毛が生えることはありませんので、
ムダ毛の処理というわずらわしさから解放されるのです。

 

料金は脱毛サロンのほうが安いですが、
確実な効果を狙うなら医療脱毛のほうが、そのメリットは大きいといえるでしょう。

 

■参考記事・・・「医療脱毛と医療法」

 

ホーム RSS購読 サイトマップ