医療脱毛の永久性|医療脱毛横浜ONE

永久脱毛とは

永久脱毛

医療脱毛には永久性があるといわれていますが、
そもそも永久脱毛とは何でしょうか。

 

永久脱毛というのはまったく毛がないということではありません。

 

脱毛を終えても、20%程度までなら毛が生えてきたとしても
永久性があるといえます。

 

医療脱毛は脱毛サロンよりも、脱毛後の毛が生えづらいという特徴があります。

 

これは毛母細胞をレーザーによって完全に破壊してしまうためです。

 

また医学界においては永久脱毛は電機脱毛、
つまり毛穴1本1本に針を刺して電気を流す方法の定義
とされていることが多く、今主流の医療レーザー脱毛は
永久減毛という考え方が広まっています。

 

脱毛サロンは医療機関ではありませんから、
永久脱毛を名乗ることはできません。

 

決して永久性がないわけではありませんが、
医師法違反となりますので、医療機関だけが
永久脱毛を名乗ることができるのです。

 

横浜市内にも数多くの脱毛サロン、医療脱毛機関がありますが、
永久性のある脱毛、減毛ができるクリニックは数が限られているのです。

 

探す場合は口コミなどで実績のある、評価の高いクリニックを探すようにしましょう。

 

永久脱毛の考え方を改める

永久脱毛が医療機関だけで受けられる医療脱毛に、
中でも電気脱毛だけに該当するという考え方は
アメリカで広く示されている見解です。

 

日本でも同じような考え方が広まっていますが、
医療脱毛を受ける方の中には永久性、無毛性を求める方も多いでしょう。

 

無毛性というのは不再生脱毛につながります。

 

不再生脱毛は医療レーザー脱毛で使われる定義で、
同じところからムダ毛は生えないということです。

 

しかし20%以下の再生であれば永久性があると認められますから、
電気脱毛であれ、レーザー脱毛であれ、
医療脱毛は永久脱毛になるという結果が求められます。

 

「永久脱毛を受けたから、もう二度とムダ毛は生えてこない」
という人もいますが、考え方を改めてみることも大切です。

 

もし、永久性について詳しく知りたい、定義を知りたい、
再生の可能性について知りたいという場合は、
無料カウンセリングや無料メール相談を活用し、医師に聞いてみましょう。

 

横浜市内のクリニックにも、
無料でメール相談に応じてくれる場所がありますので、
不安はきちんと打ち消してから医療脱毛に臨みましょう。

 

医療脱毛をしようと思ったら、まずはこちら

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ