医療脱毛の疑問点|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛Q&A

医療脱毛を受ける方が、医療脱毛前に知っておきたいことをまとめました。

 

医療脱毛の基本

医療脱毛は医師によって行われるレーザーや電気針による脱毛です。

 

効果はほぼ永久的ですし、施術できるのは国家資格である医師であり、
さらに使用機器も厚生労働省認可のもののみとなります。

 

脱毛サロンの場合は永久脱毛と名乗ることはできませんが、
医療機関であれば出力が脱毛サロンで使われる機器よりも高いため、
永久脱毛と名乗ることができます。
これが医療行為とエステサロンの違いです。

 

また敏感肌、アトピー性皮膚炎の場合でも
医師の診察の元脱毛することができますし、
万が一のトラブルの場合も、医師の診察をすぐに受けることができます。

 

永久性について

医療脱毛の仕組みを見れば分かるのですが、
医療脱毛では毛母細胞を壊しますから、そこから毛が生えることはありません。

 

ただし、そのとき生えていなかったムダ毛や、
隠れていたムダ毛がある場合は効果がありませんので、
何度か通わなければなりません。

 

痛みについて

毛が濃い、太い、密集している場合は、
黒い色に反応する光を使いますので、痛みを生じます。
回数を重ねていくうちに薄くなっていきますので、
痛みも次第に和らいでいきます。

 

また最近は痛みを抑えた脱毛機が導入されていますので、
輪ゴムではじいた程度の痛みしか感じないという人も大勢います。

 

通う期間

大体1年間で、2カ月おきに施術を受けると考えるといいでしょう。
部位によって期間は変わりますので、
無料カウンセリングや無料メール相談で
あらかじめ医師に相談しておくと安心です。

 

医療脱毛を受けると痕が残るのでは?

日焼けした肌でなければ問題ありません。
医療脱毛の光はメラニン色素を捕まえますので、
日焼け後、皮膚の色が落ち着くまでは待つようにしましょう。

 

万が一赤くなる、腫れる、痛くなるということがあれば、
痕が残ってしまうことも考えられますので、
医師の診察を受けるようにしましょう。

 

この他にも医療脱毛への不安があれば、どんどん医師に質問していきましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ