医療脱毛の痛みと効果|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛の痛みはどのくらい?

医療脱毛の痛み

医療脱毛というと、かつては非常に痛い、というイメージがありました。

 

医療脱毛でかつて使われていたのは、
ニードル脱毛という、毛穴1本1本に針を刺し、
電気を流して、確実に毛根細胞を壊す方法です。

 

毛穴に直接電機を流しますから、
この方法が激しい痛みを伴うのは言うまでもありません。

 

しかし現在使われているのは医療レーザーです。

 

レーザーというと、鼻血などの出血を止めるために使う方法、
と思う方もいますし、その方法を体験した方は、
逃げたくなるような痛みと思うでしょう。

 

しかし医療レーザーの場合はそれほど痛みはなく、
たとえるなら輪ゴムではじいたような痛みです。

 

中には痛みはほとんどない、毛抜きよりも痛くない、という人もいます。

 

痛みの感じ方については個人差がありますので、
誰もが痛みをほとんど感じないということはありませんが、
想像以上に痛みは激しくないと思っていいでしょう。

 

痛みがひどいのは、毛が太い、密集している場合です。

 

この場合、出力を調整してもらうことができますので、医師に相談するといいでしょう。

 

医療脱毛の効果はどのくらい?

医療脱毛の効果

高いお金を払って医療脱毛を受けても、
効果が得られなければ意味がないと思う方も多いでしょう。

 

医療脱毛は脱毛サロン以上に効果があると言っても過言ではありません。

 

というのも医療脱毛は脱毛サロンよりも出力が高いため、
毛根および周辺組織、毛を生やすための細胞を壊すことができるからです。

 

脱毛サロンの場合はダメージを与える程度に過ぎませんから、
細胞が復活すればまたムダ毛が生えてくるのです。

 

破壊することができる医療脱毛は、
ムダ毛をほぼ永久的に生えなくすることが可能です。

 

もちろん中には医療脱毛終了後にムダ毛が生えてくることもあります。

 

ですがほとんどが薄い毛で、産毛に近く、外から見ても分かりません。

 

個人差がありますので誰もが該当するということはありませんが、
医療脱毛の効果は非常に高いといっていいでしょう。

 

今まで自己処理でムダ毛を抜いていた人や、
脱毛サロンに何度も通ってきたという方は、
永久性の高い医療脱毛を受けることを検討してもいいのではないでしょうか。

 

費用は高めですが、効果を考えると決して高くはありません。

 

■参考記事・・・「医療脱毛の値段」

ホーム RSS購読 サイトマップ