レーザーによる医療脱毛について|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛は何回受けるといい?

医療脱毛の回数

レーザー脱毛は非常に永久性が高い脱毛方法です。

 

レーザー脱毛に使われるレーザーの波長は
黒もしくは茶色に吸収され、毛、毛根、その周辺組織を壊します。

 

このレーザー脱毛が効果を発揮するのは
成長期の毛のみですから、退行期、休止期の毛には効果がありません。

 

そのため何度も通わなければ、永久脱毛を完了したことにはなりません。

 

その回数は最低5回とも言われています。

 

毛周期により違いはあるものの、
3回レーザー照射すると50%ほどの、5回照射すれば70%ほどの、
10回照射すれば90%ほどの毛を脱毛することができます。

 

つまり、完全になくなるということはなく、
外見上毛がないように見えるためには15回は脱毛しなければなりません。

 

脱毛に通うペースは2~3ヶ月に1回となります。

 

また脱毛後の肌はヤケド状態となっていますので、
しっかりとケアしなければなりません。

 

しかし医療レーザー脱毛のいいところは、
何か肌トラブルがあっても医療機関ですから、
医師に直接見てもらうことができること、
脱毛の状態を経過観察してもらえることです。

 

医療脱毛を受ける際は、レーザー脱毛の特徴を把握しておくといいでしょう。

 

医療脱毛に永久性はあるのか

医療脱毛の永久性

医療脱毛は脱毛サロンと違い、
レーザーで行うため永久性があるといわれています。

 

ところが実際は、10回以上レーザーによる脱毛を行っても、
ムダ毛が新に生えてくることがあります。

 

なぜムダ毛が生えてくるのかというと、
それまで休んでいた毛が、新たな命を得たためです。

 

通常10回医療レーザー脱毛を受ければ、
90%のムダ毛が処理されるといいますが、
10%は残っていることになります。

 

本当のムダ毛のない状態にするには
15回以上のレーザー照射が必要ですが、それでも100%ではありません。

 

ムダ毛のない状態を維持するためには、
1~2年に1度はレーザー脱毛を受けなければなりません。

 

また極稀に、細い毛の中に濃い毛が生えることがありますが、
これもやはりレーザー脱毛を受けることで、毛は細くなっていきます。

 

レーザー脱毛は確かに脱毛サロンで受けるよりも永久性がありますが、
完全に永久的な無毛状態を維持できるわけではありません。

 

まずはそのことを把握しておかなければ、
後々医療機関とのトラブルに発展することがありますので注意しましょう。

 

安心できる医療脱毛を選ぶには

ホーム RSS購読 サイトマップ