埋没毛を医療レーザー脱毛で処理しよう|医療脱毛横浜ONE

埋没毛を医療レーザー脱毛で処理しよう

ムダ毛処理は自己処理で行うと簡単ですが、
間違ったケアをしてしまうと肌トラブルが起きてしまうことがあります。

 

自己処理のトラブルで多いものに埋没毛があげられます。

 

これは肌の表面に現れることができなくなった毛で肌の下で伸びてしまったり、
黒く毛穴がブツブツした感じになってしまう症状です。
これは自己処理で肌が痛むことで、毛穴がふさがってしまったり、
処理後のお手入れが十分でないことで角質が厚くなってしまうなどで起こる症状です。

 

無理に引き出そうとするとかえって炎症が起きてしまうことがありますので、
無理やりに取ろうとすることは避けたいものです。

 

埋没毛をきれいにするのであれば、美容外科などで提供されている
医療レーザー脱毛がおすすめです。

 

医療レーザー脱毛なら埋没してしまった毛にも良い効果を出してくれますし、
ムダ毛をしっかり処理していくことができますので、
しっかり処理を行っておくと今後は自己処理の手間もなくなり、
肌トラブルを防ぐこともできます。

 

 

 

脱毛で生じる病気や肌の問題の説明

 

脱毛で生じる可能性のある病気は、
肌の炎症や感染症、埋没毛などがあります。

 

肌の炎症は、毛を抜いた後の毛穴に細菌が入りこんで、
化膿して膿が出たり、肌が赤く膨れあがったりする症状です。
脱毛後の消毒をきちんと行わなかったり、
肌を傷つけて無理に毛を抜いたりすると発症します。

 

肌の炎症や細菌の感染が重症になると、
感染症や帯状疱疹などの症状を引き起こすことがあります。
非常に強い痛みを伴う上に、治療に時間がかかります。

 

埋没毛は、毛を抜いた後の毛穴周辺に傷がつくと、
その周辺に瘡蓋ができて毛穴を塞いでしまう肌の問題です。
生える出口を失った毛は皮膚下で成長するので、
見栄えが悪い上に、ひどくなると肌の炎症を引き起こします。

 

これらの問題を回避するには、
自己処理による危険な脱毛をやめて、
きちんとした機関で脱毛を行ってもらう必要があります。

 

病気の疑いがある場合は、
症状が悪化する前に、早めに医療機関で治療を受ける必要があります。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ