医療脱毛の処置|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛の処置方法

医療脱毛は100%ではありませんが永久性が高く、
ムダ毛に悩む人々の救いとなっています。

 

医療脱毛にはレーザーが使用されています。
レーザー脱毛というと痛みや処置にかかる時間が気になるという人も多いでしょう。

 

実際にレーザー脱毛にどのくらいの時間がかかるのかというと、
一般的に使われているアレキサンドライトレーザーであれば、
ビキニライン40分、顔60分、手60分、足120分くらいとなっています。

 

ただし、準備や待ち時間なども含めての時間ですから、
実際の照射時間は半分程度と考えていいでしょう。

 

気になる痛みについてですが、
医療脱毛は脱毛サロンで受ける脱毛よりも痛いです。

 

レーザー脱毛の前に主流であった針脱毛に比べれば
痛みは少ないのですが、毛が目立つ部分の場合は
輪ゴムをはじいた感じと表現されます。

 

ただし、レーザーは黒や茶に反応しますので、
日焼けしてしまっている場合、痛みが非常に激しくなります。

 

ただしいたいのは最初の1~2回だけで、それ以降は痛みも軽減されていきます。
医療脱毛に対して不安を抱いている人は、施術前に医師に相談してみましょう。

 

レーザー脱毛と針脱毛

レーザー脱毛と針脱毛

医療脱毛で使われるのは、最近はレーザー脱毛ですが、
以前は針脱毛が使われていました。

 

レーザー脱毛と針脱毛はどう違うのかというと、
レーザー脱毛は黒や茶色に反応するレーザーを照射し、
毛や毛根部、周辺組織を壊す仕組みになっています。

 

一方で針脱毛は毛1本1本を処置していく方法で、
毛穴に針を差し込み、電流を流して
毛根部と周辺組織を壊す仕組みとなっています。

 

直接電気を流さない分、レーザー脱毛のほうが痛みも軽減され、
照射範囲が広いことから施術時間も大幅に短くなっています。

 

しかし、永久性は針脱毛のほうが高いといわれており、
1本1本確実に脱毛したいという方もいるため、
針脱毛がなくなることは横浜市内でもありません。

 

またいずれも施術後はやけどを負ったような状態になっていますので、
アフターケアが必要になりますが、
肌トラブルが起こった場合、すぐに医師の診察を受けられる
というメリットは変わりありません。

 

レーザー脱毛、針脱毛、それぞれにメリットとデメリットがありますので、
どちらを受けるかはよく考え、検討しましょう。

 

■参考記事・・・「医療脱毛の種類」

ホーム RSS購読 サイトマップ