医療脱毛の種類|医療脱毛横浜ONE

医療脱毛レーザーの種類

医療脱毛は針脱毛とレーザー脱毛があり、
最近の主流はレーザー脱毛になります。

 

レーザー脱毛にも種類があり、
クリニックや医院によって使われるレーザーが異なりますので、
その特徴を覚えておくと、クリニック選びの参考になります。

 

レーザー脱毛の種類で最も多いのは、アレキサンドライトレーザーです。

 

このレーザー脱毛方法は軽く、使いやすいのが特長で、
アメリカFDAが永久減耗可能な機器として2000年に認可を下しています。

 

ただし、メラニンの反応が多少あるため、
日焼けしている場合や地肌が黒い場合は受けられないこともあります。

 

産毛のような、薄い色素などには反応がほとんど見られないこともあります。

 

アレキサンドライトレーザーでは
空冷ガスを発射し、脱毛の際に皮膚を冷やします。
そのため痛みは軽く、輪ゴムではじいた程度となっています。

 

それからダイオードレーザーです。

 

アレキサンドライトレーザーと同様に
日本でよく使われるレーザー機器の一つで、持ち手が重たいのが特徴です。
アメリカFDAの認可は1999年に下されています。

 

メラニンへの反応はアレキサンドライトレーザーとは異なり、
産毛の脱毛にも有効ですし、
地肌が黒い人、日焼けした人にも使うことができます。

 

あらかじめ冷却ジェルを肌に塗ってからの照射となりますが、
照射する際、冷却装置を同時に使うことになりますので、
針で刺したような痛みが起こります。

 

あらゆるレーザー脱毛機器の中で、肌の奥まで熱を届けるのがYAGレーザーです。

 

メラニンへの反応は弱く、地肌が黒い人、
ほくろ、シミにも使用可能です。

 

さらに男性の場合はヒゲを脱毛するのにも効果的で、
リフトアップ効果もあります。

 

YAGレーザーは永久減耗認可されていませんから、ムダ毛がまた生えてきます。

 

シミ、ほくろを治療するのに使うのが、メラニンに吸収されやすいルビーレーザーです。

 

日本人の肌は、メラニンを多く含みますから、
脱毛に使われることはありません。

 

白色系人種の多い、欧米諸国で使われる脱毛機器となっています。

 

このように、レーザーの種類には特徴がありますので、覚えておくといいでしょう。

 

 

安心!医療脱毛を横浜で始めるならこちら

 

ホーム RSS購読 サイトマップ