脱毛効果が出にくい部位もあるって本当?|医療脱毛横浜ONE

脱毛効果が出にくい部位もあるって本当?

ムダ毛は、生えている部位によって毛の太さも色味も異なりますし、
部位によって肌の質も違っています。

 

サロンの光脱毛や医療レーザー脱毛のような方法では、
肌質と毛質によって効果の出方が異なり、太く濃い毛は抜けやすく、
細くて色の薄い毛ほど効果が出にくいです。

 

これは、レーザーなどの光をメラニンの黒い色素に反応させて脱毛するためです。
そのため、脱毛の効果が出にくい部位としては、細い毛が多い部分で、
二の腕や顔の産毛が挙げられます。細い毛は色素の密度が低いので、
光が十分に反応できないためです。

 

また、VIOラインは毛が太くて濃いですが、毛穴が深く毛根が深部にあるために、
光がしっかり届かず、効果が出にくい部位です。
VIOラインは肌がデリケートですし、色素沈着があるケースも多いため、
なかなかレーザーの出力を上げにくい部分とも言われます。

 

サロンで完了目安とされている回数を通っても思うように効果が出ない場合は、
だらだら続けていてもあまり大きな変化は期待できません。

 

レーザーが反応しないほどの細い毛は他人からもほとんど気にならないものですが、
気になる場合には別のサロンに行ってみるのも手です。

 

また、どうしても抜けなかった毛だけ医療機関の絶縁針脱毛で除去することも検討してみましょう。

 

 

確実な美容脱毛ならば医療クリニックが最適

 

脱毛を行う方法は、自己処理に始まりエステなどの利用など様々に選択できますが、
肌に負担をかけずに、その後のムダ毛の心配を一切しなくて済む美容脱毛を希望されるならば、
医療クリニックで行われるのが最も適しています。

 

デリケートゾーンを含む美容脱毛の場合は、何か肌トラブルを一度でも起こすと、
改善させるのも難しく、後悔してもしきれない程の肌ダメージが残ってしまう場合もある為です。

 

また、現時点で、自己処理などにより肌を傷つけ、
くすみやシミ、ニキビなどの炎症を起こしてしまっているという方の場合にでも安心して行えるのが
医療クリニックによる治療脱毛でもあるのです。

 

医療機関ならば、万が一の肌トラブルの発生時にも安心して対応してもらう事が出来ます。

 

また、現在とても多いアトピー性皮膚炎やアレルギー体質の方でも
周りの肌や血管、皮膚組織に一切のダメージを与えることなく安全に受けられるのものでもあるのです。

 

但し、医療機関でも美容脱毛の治療経験が少ないというところもありますので、
治療を受けられる際にはクリニック選びが重要でもあります。
治療事例を豊富に持つところを見つけるのが成功の秘訣です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ